魚ならよかったんだけど

注射って嫌いな人多いですよね。

わたしはそれほど苦手ではなくて、むしろ注射針が刺さってるところをガン見する方です。

ただ、わたしとわたしの母は体質が似ているのか、二人とも血管に刺さりにくくて、採血などはいつも苦労します。

ええ、看護師さんが。

先日のポストで母が不調だと書きましたが、実は先月検査入院をしていたのです。

その時の話。

 

いつも通り血管が出ず(見えてるのに血管が逃げちゃうらしい)、手の甲も試そうかとなった時、担当していた看護師さんが

「温めた方がいいんですよねえ」

と言いながら姿を消したそうです。

母は「なんだろ?何か持ってくるのかな?」と思いながら待ってたそうで。

 

戻ってきた看護師さん

「手、温めてきました!!!」と満面の笑顔。

 

え……だれの?

 

看護師さんのっ!! ←おいーーーーっ!

 

結局ベテラン風の看護師さんが変わってくださり、無事普通に腕で採血できたそう。

どこにでも天然さんはいるけど、医療現場ではできれば出会いたくないもんです😅

 

とは言え、点滴中に爆睡してたら針がはずれたらしく大出血、隣のベッドの方が看護師さんを呼んでくれて

「おきてーっ!ちょっと!痛くないんですかっ!?」

と叫ばれたわたしには言われたくないかもねw

痛くなかったんだよなー。

 

 

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました