涼をもとめて〜愛知の滝:阿寺の七滝〜

台風の来る前に、と近場ドライブしてきました。

気温が36度予報だったので、少しでも涼しいところがいいかと思い、阿寺の七滝へ。

何度も行ったことあるし、ナビも使っていたのに途中で不安になるルート…。こんなに細道続いたっけ?💧窓を開けて蝉しぐれを聞きながら進むと、見覚えのある駐車場を観て一安心。

どうやら、北側から入るルートを選んじゃったみたいでした😓(反対側から行っても似たようなもんだけど)

運良く駐車場も空きがあり、カメラを持って歩き始めました。この時点で気温34度。滝までの遊歩道はほとんど日陰なので涼しいはずです。

山側は落石・崩落の危険があるため、川側を歩くようにとのサインがあちこちにありました。確かに何箇所か危なそうな斜面を見かけました。台風の後大丈夫だったかな?

マムシもスズメバチも「大発生」はカンベン(怖)

自然にできたにしては出来すぎな気がする幹を発見。穴の空き具合や苔の生え具合とかアートっぽいよ。

写真を取りながらブラブラと30分くらいかけて歩いて、ようやく滝に到着。真っすぐ歩けば15〜20分程度で着きます。

思ったより水量が少ない気がするけどこんなものなのかな?

滝が7段の階段状になっていることから七滝と名づけられた美しい滝。
日本の滝100選に選ばれているほか、国の名勝および天然記念物にも指定されています。
甌穴(ポットホール)の形成や、子宝に恵まれるとの伝承を持つ「子抱石」と呼ばれる礫岩など、自然の神秘的な魅力が詰まった場所です。
陰陽師の安倍晴明が若年期に滝で修行したという伝説が残る地でもあります。

from:「キラッと 奥三河観光ナビ」

わたしはこの青紅葉の光景が好きですが、秋の紅葉の時期はまた違う美しさがあるんでしょうね。

戻る途中で川に入ってみました。

あらら💦

水が透明すぎて分かりづらいですが、くるぶしくらいまではつかってます。

「ひゃあーっ!つめたっ!」

てほどではないけど、地上の酷暑に慣れた体にはちょうどよく気持ちのいい水温でした。

この遊歩道は東海自然歩道のルート上にあります。

右へ行くと睦平なんだね。かなり鬱蒼としてます。

行きに気づかなかった倒木。まるで上に登ろうとしているみたい…😨

 

山の中の木陰っていうだけで、かなりリラックスできるし、ちょっとしたウォーキングにもなるのでおすすめです。それから、この周辺には他にも「百間滝」という名所もあります。中央構造線上にあり、断層がパワースポットとして有名になった滝で、合わせて訪れるのもいいかもしれません。

阿寺の七滝
:愛知県新城市下吉田沢谷下25-3
:普通車 300円
※無人ですが、遊歩道の入口に投函箱があるのでそこに料金を投入します。
:あり(駐車場にあるのみ。遊歩道から滝の間にはありません)

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました